吉原遊郭 扇屋

tsujiichi.exblog.jp

ブログトップ

寄生性双生児か

チリで生まれた赤ちゃん、お腹の中に別の胎児が [ 11月26日 20時48分 ] Excite エキサイト : 芸能ニュース

 [サンティアゴ(チリ) 24日 ロイター] チリ南部のテムコで今月、腹部に別の胎児が入った男児が生まれていたことが分かった。出産を担当した医師によると、双子の片方が妊娠期間中にもう片方のお腹の中で育っていたもので、極めて珍しい症例だという。
 医師らが出産前の母親を検査したところ、誕生間近の男児の腹の中に約10センチの別の胎児を確認したという。この胎児に四肢や部分的に発達した脊椎(せきつい)は認められたものの頭部はなく、医師らは生存の可能性は無かったとしている。
 今月15日の出産の後、男児の腹部から胎児を摘出する手術が行われた。術後この男児は順調に回復しているという。
 病院の新生児病棟の責任者は、ロイターに対し「生児出生の50万件に1件という確率で起きる非常に珍しいケース」だと語った。


不完全なピノコですか
というかここ芸能ニュース?
辻島です。
コーンスープで温まってます。

びっくりニュースかと思ったら芸能ニュースだったので
その辺で吃驚。

寄生性二殿体だとか上腹部寄生だとか
有りますが、この場合
胎児内胎児になるんですかね。

稀に腕や足が二本以上で生まれてくるというのも
寄生性のもののようで。
x51情報で申し訳ないが
X51.ORG : 寄生的頭蓋結合の幼児、史上初の分離手術へ 2
(見る人によっては閲覧注意かしらん オカルトニュースなので注意)
私の愛する「なんでも評点」さんから>>
生後9ヶ月の男の赤ちゃんの体内から“胎児”摘出
こんな寄生もあったりする。

こういった場合、双子の片方の胚が途中で成長をしなくなったり
などの原因により、もう片方の胚に寄生して生きながらえるので
もちろん寄生するほうは体の器官が不完全であり
寄生される側も、寄生されている部分等に成長不良が起こり
腎臓がひとつしかない等の障害を持って生まれる。

順調に回復しているようなので心配なさそうだが
吃驚している場合でもない。

まぁ、世には何十年も胎児ない胎児に気が付かないまま
(ただのしこりとかなにかと思ってか)
生きていらっしゃる人もいらっしゃるから
大丈夫なんですかね。

因みに上にリンクした頭蓋結合の子は
手術中に亡くなっている。
もう一例、手術に成功した頭蓋結合の子も
脳感染症でなくなったようだ。
流石に頭蓋結合は分離手術は難しいのだろうな。

CLICK bloglanking
+辻島に惚れたら+
+CLICK HERE。+

[PR]

by tsujiichi | 2006-11-27 10:25 | ニウス

<< 辛さの度合いなど人それぞれ。 日本男児のダメ姿。 >>