吉原遊郭 扇屋

tsujiichi.exblog.jp

ブログトップ

家庭でいじめがなくせるか。

<いじめ世論調査>原因は「保護者のしつけに問題」が5割超 [ 11月27日 19時22分 ] Excite エキサイト : 社会ニュース

 毎日新聞が実施した全国世論調査(電話、今月25~26日)で、いじめが行われる最大の原因を聞いたところ、教育制度や教師の指導よりもいじめる側の保護者のしつけに問題があると答えた人が5割を超えた。いじめをなくすために家庭・地域の役割を重視する回答も計6割を超え、学校の役割や教育改革に限界を感じているとみられる回答内容になった。

 「いじめをなくすためには、どうしたらいいと思いますか」という質問には、「家庭での会話を増やす」(42%)▽「地域で子どもを育てる環境を作る」(22%)ことを挙げ、「教師の指導力を強化する」(10%)▽「少人数学級を導入する」(9%)は少数だ。

 「教育制度」に問題と回答した人も、解決方法には家庭・地域(計63%)を挙げる回答が最も多く、保護者のしつけを原因に挙げた人は、計8割弱が解決方法を家庭・地域の改善に求めた。

 また、「いじめた子に厳しい罰を与える」はわずか7%で、政府の教育再生会議が提言する見通しの生徒指導の厳格化の方向性に否定的な回答だった。

 参院特別委で審議されている教育基本法改正案には、新たに家庭教育の項目が盛り込まれているが、いじめをなくすには63%が「役立たない」と答えた。「役立つ」と答えたのは23%で、安倍内閣を支持する人も54%は「役立たない」だった。【高山純二】


言葉が巧く発せ無い
取り合えず千本ノックする。
辻島です。
凍えそうです。

自分の子供の命を
最初から他に預けようなんて事は
しちゃいかん。

学校の役割や教育改革に限界を感じる前に
いじめられる方もいじめる方も
自分で遣ることは山ほどある訳だ。
それが無けりゃ、いくら国や学校が
素晴しい対策を打ち出したところで
効果は激減する。

いじめられる側も死に行く子供も気を使ってか
自分の親については
申し訳ない、というような言動しか見えないから
勘違いしている人もいるんじゃないかしら。
学校や国ばかりでなく
親も言われることが山ほどある。

だからといって、こうして家庭で問題を解決しようという意思が増えても
不安は減らない。
連日報道されている虐待を見ると
そこまで行かないにしても
指導力にそれこそ欠ける親がいてもおかしくない。
今現在いじめをしている子供がいる親は
特に不安に思う。
今までの積み重ねがその子供に見えている。

いじめはしてはいけない
と言った言葉に説得力を持たすことが出来るのだろうか。

やはりそういった欠けた部分に関しては
色々な所からの協力が必要だろう。

国や学校に限界を感じているなら協力しようと思えば良い。
寧ろ限界を感じるなら、自分に限界を感じて助けを求めたときの対応に感じたら良いのではないかと思うが。
欲を言うならば、使えないと思っても
そういった相談や助けを求める声も止めないでいてほしいと思う。
何処何処の一家庭の問題で済むようなレベルでないと感じる。
しつけに関して不安を持っている人もいるだろう。

口を開こうとしなければならないのは
子供だけでなく大人たちも同じだ。
どうしようも出来ないなんて言えないという事は無い
問題を解決しようとする姿勢が崩れることが危ない。

CLICK bloglanking
+辻島に惚れたら+
+CLICK HERE。+

[PR]

by tsujiichi | 2006-11-28 11:21 | ニウス

<< 教師に暴行 中学生 ニート・フリーター=欠陥品 >>