吉原遊郭 扇屋

tsujiichi.exblog.jp

ブログトップ

事故死児童の写真

ネットに事故死児童の写真 遺族が4日に小学教諭告訴 [ 12月03日 23時39分 ] Excite エキサイト : 社会ニュース

 交通事故死した東京都世田谷区の小学2年片山隼君=当時(8つ)=ら子ども6人の写真がインターネットのホームページに無断掲載された上、遺族の感情を逆なでするようなコメントが書き込まれていたことが3日、遺族側の調査で分かった。
 遺族は4日、侮辱容疑などでホームページを制作、運営していた都内の公立小の30代男性教諭を警視庁に告訴する方針。
 一方、愛知県警生活経済課などは3日までに、事故で子どもを失った親が作成したホームページから、写真などを自分のホームページに無断転載したとして、著作権法違反の疑いでこの男性教諭を書類送検した。
 片山君の遺族によると、問題のホームページは「クラブきっず」というタイトルで、男性教諭は遺族が事故の悲惨さを伝えるために開設したホームページなどから、子どもの写真を入手したとみられる。死亡した際の状況などを配慮のない表現でコメントしていたという。


三度の飯より子供の死体(名前間違ってたデス:訂正済み)
って、なんか見たことあるな。(2chだったっぽい)
辻島です。
クラブきっずは、知らん。
キャッシュまだあった

何はともあれ
辻島も医療関係が非常に好きなもので
人体の構造にはかなり興味があります。
何だこの精密機械。
生きてることってのは凄すぎる。
そういうわけで遺体(献体もしくはイラストでも)にはかなり出くわす。
三度の飯より、は性的目的だったようだが。
水着や全裸写真もって結局ロリコンか。
そして愉快犯とは。

しかし、小学校の教員だったとは面食らう。
余り社会と接触していないというイメージがあるが
カルト的な人はそこら中に居るということですか。
ただ知らないだけ。

自ら四肢を切断し義手や義足、車椅子に乗る人たち(身体完全同一性障害)も実際いるので
有り得ない、ということは無いが
問題なのはそこから現実での行為に発展するかしないか、ということと
相手が生身の人間であり、命を落とした状態にあるということ。

しかし、実際に手にかけてしまうのと
それ以前で留まっていられるのは大きい違いがあるかもしれない。

だが、毎回こういう性的倒錯な事件があるといいますが
痴漢でも強姦でもSMでも上司と部下の不倫でも団地妻との情事でも
イメクラ、っていう良いところがあります。
AVでもその趣向に合ったものあります。
違法でもなんでも結局あってしまいます。
需要あるから、どんなジャンルでも。
買ってくれといってくるところからならまだ。
趣味にかける金は惜しくないだろうし。
せめて、ですよ。

ところで、ネクロフィリアって、wikiでみたら
(三度の飯より~がネクロフィリアっていうわけではないが)

フロイト派では、幼少時に見た「眠っている母親の姿」に愛情を感じ、それが欲情へと変化するためであると考えられている。また、眠っている相手との性行為を体験したことがきっかけで顕在化することもあるという。

そうだとしたら複雑だね。
母親の殺害されたところを目の当たりにして
女性の血や内臓にしか興味もてないとか事実かフィクションか解らないが。
(こういう発想をするきっかけは必ずあったわけで)

因みにまたwikiからだけど
歴史はかなり古く、ヘロドトスの著書に「古代エジプトでは女性(特に美女)の死体を屍姦されることを恐れ、死んですぐの死体をミイラ職人に渡さなかった」との記述が見られる。また、18世紀フランスの風俗店では、「女性が棺桶の中で死体のふりをし、男性が牧師の姿になり、性行為をする」という屍姦的なサービスを行っているところもあり、一部の人間にはかなりの人気があったようだ。

こういうこと警戒しだしたらきりが無いし人間不信になりそうだが
数多く居るAPD全員が大きな犯罪をやらない様に
結構この人みたいな人間は少なくないかもしれない。

それでも、自分の性的嗜好で突っ走って
人を傷つけてはいけないと言うこと。
そればっかりは忘れてしまったらイケナイ。
誰しも何かよからぬ欲があるのは人間だから仕方が無い。
しかし、人間だからこそ、理性というものをフル活動させなければいけない。

こうなると悲惨さを伝えるために作るHPも
それなりに覚悟が必要になってくるな。
風が冷たい。

追記)
自分で海外にいって自分で撮影をしたりしていたようだ。
方向が違えば、凄い人になっていたかもしれん。

CLICK bloglanking
+辻島に惚れたら+
+CLICK HERE。+

[PR]

by tsujiichi | 2006-12-04 10:24 | ニウス

<< 男の愛が冷める女の姿形 多分、私より強い思いのあの手に... >>