吉原遊郭 扇屋

tsujiichi.exblog.jp

ブログトップ

性生活 in ニュージーランド

【こぼれ話】コンドームを試してもらうならニュージーランド人 [ 12月14日 02時04分 ] Excite エキサイト : 国際ニュース

【ウェリントン13日】新作コンドームの試験役はニュージーランド人に限る―。世界的な避妊具メーカーのデュレックス社は、コンドームの新製品を試してもらうモニター役として、ニュージーランド人が適任であるとし、応募を呼び掛けている。ニュージーランド人が世界で最もセックスに関して「積極的かつ大胆」であるのが理由という。
 同社のニュージーランド支配人は「ニュージーランド人はセックスに関してエネルギッシュであることが分かっている。だから、研究のため彼らに新製品を試してもらうのは理にかなっている」と話している。
 同社は、性的満足から避妊までニュージーランド人の要求を最も満たせるのは自社製コンドームであることを証明したいとしている。


NZは綺麗で良いところです。
もう、飛んでく
住む!(イヤマヂデ)
辻島です。
せ、セックス目的じゃないお。

ニュージーランドの小学校中学校などの教育機関では
余り、勉強を日本のようにがっつりやるっていう訳ではないと聞きました。
あくまでうわさですが、遊びっぽい(活動的な?)授業が多いとか
異性の誘い方を教える授業があるとか
余り勉強しないので、一桁の暗算ができる人が少ないとか。
(色々調べると、本当のところは訳わからんくなりましたが)

それに社会に出るようになると失業保険がかなりしっかりでるようで
ひとつ気分の食事と日々の酒とタバコ代をまかなえるくらいもらえるそうです。
よって、余り働く人がいないとか、ニュージーランド人は雇うな、なんてジョークもいわれているよう。
世界的にも有名な大学がNZにあるそうだが
生徒の殆どは留学生とかいう話。

それにニュージーランドといったら「羊」と言うくらい
やたらいる
要するに牧場を作れる土地がある
要するに「のどか」。

勉強をしない・働かなくても大丈夫・そして田舎ってことで
何に没頭するか・・・・・
まぁ、オサカンになるようです。(後は酒とか)

だから「ニュージーランド人=積極的かつ大胆」という表現は
ちょっと違う。
この失業保険制度やらがそうさせているというか。

そしてお決まりのように問題になっているのが
ティーンネイジャーの出産(宗教もからみ)のようだ。
ゲイの4人のうち1人がコンドームを使わずに性行為をしていて
エイズの危険が増大している、だとか。

ニュージーランド人の要求を最も満たせるのは自社製コンドームであることを証明
してどうするんだか。

余談だが、
外国人留学生や働くために移住してくる外国人を多く見るのも絡むのか
精神的に参ってしまうkiwiも多いらしい。
俺は一体何をしているんだろう、と悩むとか。

原因は示されていないが
5人に1人が心を患っているという調査結果もある。
それにくわえ精神疾患を治療する病院や施設も整っていないようだ。



CLICK bloglanking
+辻島に惚れたら+
+CLICK HERE。+

[PR]

by tsujiichi | 2006-12-15 15:48 | ニウス

<< ホリエモンと共産主義 食べ物の恨みで殺人未遂? >>