吉原遊郭 扇屋

tsujiichi.exblog.jp

ブログトップ

亀田再戦 vsランダエダ

きょうゴング!亀田興毅“カールヘア”で秒殺KOや 初防衛戦を前に変身! イザ!
f0114725_1044174.jpg

 WBA世界Lフライ級タイトルマッチ(20日、有明コロシアム)完全リニューアルで勝負や! 前日計量が19日、都内で行われ、王者・亀田興毅(20)が48.8キロ、挑戦者フアン・ランダエタ(28)は48.9キロ(リミット)でともに一発クリア。亀田は黒人アスリートのようなハーフモヒカン姿で登場。恒例のメンチ切りも“王者の風格”で封印した。決戦当日の20日には亀田切手も発売され、生まれ変わった“新亀パワー”で、宿敵を叩きのめす。

 よく見てみい。口は使わない。風貌で威嚇する。これも闘拳流のサプライズだ。2人の外国人ボディーガードを従えて計量会場入りした亀田のヘアスタイルに、熱い視線が集中した。

 頭頂部の周囲だけを残して、まわりを刈り上げたハーフモヒカン。かつて人類最速だった陸上男子100メートルのカール・ルイス(米国)を思い起こさせる。スキンヘッドのように短く刈っていたこれまでと、雰囲気を一変させた。

 「いかつくなったな。オレのアイデアや。20代最初の試合やし、何もかも新しくした」

 8日の公開練習では、過去12戦のように前進して圧力をかけ続けるファイトスタイルから、ジャブを放ちフットワークも使う闘い方に変貌。減量も時間をかけずに、試合直前に一気に落とす方法に改めた。そんな“リニューアル”を象徴するのがこのヘアスタイル。


よくわからないけれどイラついているのは何故。
多分、朝見た目覚ましで彼が出ていたからね。
辻島です。
良くわからないけど耳につくの・・・
許して。

スポンサーが降板だとか
困難続きですが、今日の試合は大丈夫ですか。

今更、あのスタイルを変えるわけにもいかないし
変えたところでどうなるというものでもないし
このまま突き進むしかない訳か。
最近、何だか哀れに思えてきたよ。

世の大半が今日の試合で惨敗という結果を望んでいるんじゃないかとか
あちこちで見るが
素直に応援できないのは確かにあるわけで。
チケットも余り売れてないだの
やっぱり物事は謙虚に遣らなきゃダメなのかしら。

なんか、江頭2:50をふと思い出した・・・
何故だ。

スポーツマンとして頑張っている部分があるならば
頑張って欲しいが。
あの態度が全て打ち消すこの始末。

そして髪型微妙に似合ってない
筋肉フェチ辻島ですが、ごめん君のはあらゆることを廃除して考えているが
余り素敵でない。

さて、今日は見ようか見まいか。

CLICK bloglanking
+辻島に惚れたら+
+CLICK HERE。+

[PR]

by tsujiichi | 2006-12-20 10:54 | ニウス

<< 電車の中での迷惑行為 焼肉のたれでは生き延びられない? >>