吉原遊郭 扇屋

tsujiichi.exblog.jp

ブログトップ

カンニング復帰、夢と。訃報続く。(追記

カンニング中島忠幸さん力尽く [ 12月21日 06時11分 ] Excite エキサイト : 芸能ニュース

 急性リンパ球性白血病のため04年12月から休業、入退院を繰り返していたお笑いコンビ「カンニング」の中島忠幸(なかしま・ただゆき)さんが20日午前11時46分、肺炎のため都内の病院で死去した。35歳。福岡県出身。葬儀・告別式の日取り、喪主などは未定。1週間ほど前に容体が悪化し、再入院。妻真奈美さん(35)ら親族にみとられて旅立った。中島さんの復帰を待ち続けていた相方の竹山隆範(35)は21日に会見する。

 「カンニング」が所属するサンミュージックの相澤正久社長は20日夜、スポニチの取材に「肺炎をこじらせた後は人工呼吸器を付けたままだった」と説明。2日前に急変し、最期は真奈美夫人らに見守られて息を引き取った。相澤社長は「過酷な闘病でしたが、亡くなった後は安らかな顔をしていました」と話した。関係者によると、竹山は20日夜のラジオの生放送をキャンセル。中島さんの遺体のもとに駆け付けた。

 中島さんは04年12月に体調不良を訴え、白血病と判明。入退院を繰り返し、抗がん剤などによる治療を続けていた。05年5月に竹山に託した経過報告の手紙には「暇な毎日を送っております。年内の復帰を目指して頑張ります」と記していたが、竹山と再び舞台に立つことはかなわなかった。

 93年にコンビを結成。2人は小学校からの同級生で、長い下積み期間を経てキレる竹山を中島さんがなだめる芸風でブレーク。しかし、直後に中島さんが病に倒れた。中島さんは04年4月に結婚したばかりの真奈美夫人、同9月に誕生した長男の翔太君(2)とともに闘病生活を送っていた。体調がいい時期には首都圏の自宅で過ごしていた。

 この間、竹山は1人で活動。「中島が帰ってくるまではネタは封印する」として漫才のネタはやらず、仕事では必ず「カンニングの竹山」を名乗っていた。ギャラも中島さんと折半し続けていたという。今月5日に出席したイベントでは「(中島は)来年春の復帰を目指している」と説明。「この休養で素人に戻っている」と明るく語っていた。


君がいなくなったら僕はどうすれば良いだろう
そんな甘えが神経を駆け巡ります。
辻島です。
風が冷たい。

もう、カンニングは見られないのか。
テレビの中しか分からないですが
彼の竹山への愛の鞭?がなんか好きだったんだが。
もう見られないのか。そうか。

漫才だけ見ると
竹山が相方やるって、どれだけ得のある人なのか、と思ったり。

残念でなりませんね。
戻ってきて欲しかったし
何より、本人が一番復帰したかっただろう。

「戦友、夫婦みたいなもの…」カンニング竹山さん会見

 白血病による肺炎のため20日、35歳で亡くなったお笑いコンビ「カンニング」の中島忠幸さんの相方、竹山隆範さん(35)が21日、都内で会見した。

 竹山さんは「家族であり戦友、夫婦みたいなもの。とにかくいいやつでした」とパートナーの死を悼んだ。中島さんの闘病中、自分の出演料を二人で分け合っていたことについては、「小学校からの同級生で、芸能界に入ってつらい事が続いた時もお互いに助け合ってきた。二人でまた漫才をすることを目標にやってきたが……」と残念そうに話した。

 告別式は、所属事務所のサンミュージックプロダクションとの合同葬として、24日午前11時から、東京都中野区中央2の33の3の宝仙寺で行われる。喪主は妻、真奈美さん。

(2006年12月21日13時21分 読売新聞)


仲間って奴がいなくなるのは・・・
辛いな。

コンビ名は残して「カンニングの竹山」を名乗り続ける。それが永遠の友情の証だ。

竹山号泣…カンニング中島さんに900人が最後の別れ [ 12月25日 08時05分 ]

 「中やん。弔辞を書きましたが、読むんじゃなくてしゃべるわ」。竹山隆範(35)は用意した弔辞を開くことなく、中島さんがほほえむ遺影を見つめて相方への思いを語った。


 「そっち(天国)に行ったらまた(漫才を)やろや。次はお前が待っとけ」。果たされなかった復帰の約束に声を絞り出した。


 「芸人として送り出してやりたい」と21日の会見、前日の通夜と涙を見せなかった竹山だが、遺体に花を供える際、ついに堪えていた涙があふれ、初めて男泣きした。


 相方への最後の言葉は「いつもと同じように別れるぞ。ほなな」。参列した藤井隆(34)ら芸人仲間も涙を浮かべ、会場からはすすり泣く声が漏れた。


何だか、俺は知り合いか?
位に、目覚ましで見たとき涙ちょちょ切れそうだった。




しかし昨日は訃報が続きましたね。
前東京都知事の青島幸男さん死去 [ 12月21日 10時29分 ]
個性派女優の岸田今日子さん死去 [ 12月21日 10時29分 ]

岸田さんのインパクトってのは凄かったな。
つい、はっ と見てしまう。
なんだろうか、あのひきつけられる感覚は。
バラエティに出てるときでも不思議な空間を構築されていて。



CLICK bloglanking
+辻島に惚れたら+
+CLICK HERE。+

[PR]

by tsujiichi | 2006-12-21 10:40 | ニウス

<< コンクリート詰め殺人事件 圧勝してもヒヤヒヤ感な亀田 >>