吉原遊郭 扇屋

tsujiichi.exblog.jp

ブログトップ

ハリーポッター完結編。

ハリポタ完結編は「死の聖人」 [ 12月22日 02時12分 ] Excite エキサイト : 芸能ニュース

【ロンドン21日】世界的人気のファンタジー小説「ハリー・ポッター」シリーズの完結編となる第7作のタイトルが「ハリー・ポッター・アンド・ザ・デスリー・ハロウズ」(ハリー・ポッターと死の聖人)に決まった。出版元のブルームズベリー社がウェブサイトで明らかにした。出版日は未定。
 第6作までは全世界で計3億部も売り上げ、63言語に翻訳されている。作者のJ・K・ローリング≪41=写真≫は、英国で最も収入の多い女性になった。シリーズを原作とした映画もヒットを重ね、第5作「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」は来年の公開に向け、撮影中だ。
 ローリングは自身のウェブサイトで、ハリー・ポッターが完結編で殺害される可能性のあることをほのめかしている。


何だか首から上の目立つところばかり
変な発疹やらなんやらかんやら
できた。
辻島です。
うーかゆっ たまらんっ
いや、風呂は入ってるよ。

ハリーポッター3作目までは、確か
4年前くらいに読んだが
それ以降さっぱりだ。

f0114725_10392352.jpg

Harry Potter and the Prisoner of Azkaban (UK) (Paper) (3) (ペーパーバック)
J.K. Rowling (著)


これ以降の話がどうなってるか
はーさっぱりさっぱり
今は多分読めません。

tu-ka、一作目の最初で
ハリーがやたら虐げられてて萎えた。

しかも最後がハリーが死ぬとか死なないとか
何だか、いまいちまた読もうって言う気力もなくなる気もしてくる。

これもさっぱりさっぱりだったが
日本語訳だとか問題があったりしたのね。
初耳。調べた調べた。

しかし、
インパービァス(Impervius)(防水せよ) と
リクタスセンプラ(Rictusempra)(笑い続けよ)
と言う呪文、非常に使いたい(謎

メモ)
翻訳に関する問題
松岡佑子による翻訳については、英語原文を読み違えてしまっている誤訳のみでなく、日本語としても文法的・語法的に間違っている箇所もかなり多く、また現代文学にはふさわしくない古めかしい表現・訳語・人称も多用されるなど、90年代のイギリスを舞台にしている原書のイメージを損なっているとの批判がある。
その他の問題
非魔法族マグルやスリザリン寮に対する扱いが、時に差別的とさえ言える描かれ方をしているとして問題視する向きもある。この場合、特に後者はイギリスの階級制度だけでは説明できないものであると言われる。一方で主人公であるハリーが不当に優遇されており、見方によっては贔屓にすら映りえるとも指摘される。
作品が必要以上にハリー主体で書かれており、中立性に欠くものであると指摘する向きがある。
これら二つの問題点が、主な読者層とされる児童に悪影響を与えるのではないかと懸念する声もある。
ハリー・ポッター
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(マタカ)


たった今知ったが
ゲイリー・オールドマンでてるぬぁ
決定、映画見る。(安易

CLICK bloglanking
+辻島に惚れたら+
+CLICK HERE。+

[PR]

by tsujiichi | 2006-12-22 11:02 | ニウス

<< 子宮が二つ子供が三人。 性欲と大金を獲得した英国人 >>