吉原遊郭 扇屋

tsujiichi.exblog.jp

ブログトップ

骨折修復に骨折していない脚にメス

骨折手術で左右脚取り違え 長崎県立島原病院 [ 12月28日 14時33分 ] Excite エキサイト : 社会ニュース
 長崎県立島原病院(同県島原市)で、大腿骨骨折の患者を手術した際、脚を左右取り違えて切開するミスがあったことが28日、分かった。同病院によると、右大腿骨の付け根部分を骨折した80代の女性患者の手術を15日に実施した際、手術部位を取り違えて左の脚を切開。途中で間違いに気付き手術を中止したという。患者の体調を考慮し26日にあらためて右脚の手術を行い、術後の経過は良好という。


よく、助手席にてナビって居るときに
左を差しながら右とか
あ、はい、ごめんなさい・・・
辻島です。
判らなくなるのはなぜなんだろう・・・・

ちょっと、両足を右左逆に
繋いでしまったんじゃないかと
大幅に勘違いした。

遣られたほうにしたら笑いごっちゃないんだが
まー、阿呆
と、ついつぶやいてみたりして
自分は棚の上よ。
高い高い棚の上よ。

まぁ、さすがに開放骨折を間違ったわけではなかったらしい。
変形は多少してるのかもしれないが
大腿骨骨折ってわかりづらいのかしら。

はーしかし恐ろしい。
辻島、膝の水を抜くって話されただけで
大丈夫かしらと思ってしまうんだが(小心者

まずもって、手術前にいろんな確認ってもんをするかと思うんだが・・・

CLICK bloglanking
+辻島に惚れたら+
+CLICK HERE。+

[PR]

by tsujiichi | 2006-12-28 16:26 | ニウス

<< 将軍様に栄光の光が・・・ 日の丸反対衣装。 >>