吉原遊郭 扇屋

tsujiichi.exblog.jp

ブログトップ

ヨッシー、ミッチー譲りのユニークさ

初入閣の渡辺喜美氏「亀田興毅のように着実に点を稼ぐ」 ミッチーJrらしさも イザ!

 行革担当相を引責辞任した佐田玄一郎氏(54)の後任に28日、内閣府副大臣の渡辺喜美氏(54)が就任した。渡辺氏は「ミッチー」の愛称で知られた故渡辺美智雄元外相の長男。「安倍内閣は、この前の亀田興毅のボクシングのように着実に点を稼ぐことが大事」と、ミッチー譲りのユニークな表現で内閣立て直し策を明かした。
 同日午後の皇居での認証式を経て正式就任した渡辺氏は記者会見で「『愛の構造改革』路線でやっていく」と表明。就任要請は同日未明ごろに電話で受けたが、「熟睡していたのでやりとりをよく覚えていない。朝起きたらテレビで私の顔が出ていて、夢ではないと分かった」と明かした。
 渡辺氏は早大卒。父の秘書、父の外相時の秘書官を務め、その死後に地盤を受け継いだ。衆院栃木3区で平成8年に初当選し当選4回。金融・財政に強い政策通で「政策新人類」と呼ばれる1人。森、小泉内閣では政権に批判的立場で、平成15年の総裁選に若手代表で出馬を検討したことも。今回が初入閣となる。
 塩崎恭久官房長官らと親しく「仲良し人事」との批判も出ているが、「ヨッシー」がトラブル続きの内閣を救うか?


雪が降るという噂が嘘のように
晴れ渡っています。
ああ、どうせこの地方は雪は余りふらんが。
辻島です。
小さく纏ります。

この前の亀田興毅のボクシングのように
と言われると
物凄く不安になるんですが
果て如何でしょう。

取り敢えず何かしら
ガッカリさせる
ってことかしら。
結果がイマイチ腑に落ちないとか。

あ、すいません 激しく「亀田」という単語に反応しただけです。
なんというか[亀田]と[着実]って言葉はそぐわな過ぎるというか。

んーまぁ、ユニーク発言だけなら如何転んでも
ああそうですか、やっぱり亀田ってことでしたか。
それだけです。
ケロケロケロ、アッケラカのカーだよ。

個人的には「ヨッシー」っていう愛称は無差別に愛してます(余談

CLICK bloglanking
+辻島に惚れたら+
+CLICK HERE。+

[PR]

by tsujiichi | 2006-12-29 10:45 | ニウス

<< 来年からIC運転免許証 misono公開ダイエット途中経過 >>