吉原遊郭 扇屋

tsujiichi.exblog.jp

ブログトップ

シーランド for sale

「世界最小の国、売ります」王子が語る | Excite エキサイト
[ロンドン 8日 ロイター] 売ります:世界最小の国(独自の国旗、切手、通貨、パスポート完備)。

嵐に揺れる独立国を統治してみたいというかたは、シーランドのマイケル王子に連絡を。それは北海に建つ、ふたつのコンクリートの塔に支えられた第二次大戦中の要塞でしかないのだが、れっきとした独立国だ。

この建造物は第二次世界大戦中ドイツの爆撃機に対する対空基地として建てられたのち放置されていたが、40年前に退役軍人のパディ・ロイ・ベイツが占拠し、家族と一緒に住みはじめた。

彼は、イギリス領海のすぐ外、イングランドの東海岸から7マイルの距離にあるこの建造物を「シーランド公国」として独立宣言を行った。

自称王子のロイは、国旗を採用し、国歌を決め、銀貨と金貨を造幣した。

英国海軍は一家を追い出そうと試み、1978年にはドイツとオランダのビジネスマンのグループが無理矢理シーランドを占領しようとしたが、彼らはどちらも撃退してきた。

「私はあそこで3日か4日のあいだ囚われ、そのあとなんとかイングランドにたどり着きました」と、ロイの息子マイケルは8日、BBCラジオに語った。
「私は父と2、3人の仲間たちと共にヘリコプターから垂らしたロープを滑り降り、武装した敵から国を取り戻しました。それは私の人生のハイライトみたいなものです」

マイケル王子(85歳の父は現在スペインに住んでいる)によれば、家族は「普通の不動産よりちょっと多くが欲しい、自治権が欲しい」クライアントを持つ不動産屋から接触されてきたそうだ。

現在54歳の王子は、シーランドで生活する喜びは何かと尋ねられて、「近所はとても静かです。素晴らしい海の眺めがあります」と答えた。

「他に世界中のいかなる国の管轄にもありません」と、彼はそこがオンライン賭博またはオフショア金融のベースになる可能性を示唆して述べた。

王子は、シーランドを家と船とのあいだと言い、それが世界で最も絵になる国ではないと認めた。それぞれに8つの部屋があるふたつのコンクリートの塔だ。

「それはかなり荒涼としています」と、彼は認めた。
「しかし、暖かい中に座って、二重窓のむこうで恐ろしい天気が轟音をあげているのを見るのはかなり気持ちがいいですよ」

彼はシーランドの対価としてどれだけを期待しているのだろうか?
「様子を見ましょう」と、マイケル王子は言った。「ご希望なら誰でも話を聞きますよ」


いまいち気力の湧かない水曜日です。
日々が長い。
辻島です。
毎度どうも。

シーランドといえば
バスケットコート一面分くらいの
世界一狭い国。
ついでに人口密度も世界一。

そんなシーランドをうるようだ。
国売却(とはいえ国際法上では国家とは認められていない)
今なら王様や王子様になれるって事かしら。

自の国旗、切手、通貨あり
360度のオーシャンビュー。

いいんじゃないかと思いきや
発電機の音でうるさいやらで
あまりすむには良くないらしい。
(王様はスペインに住んでいるし)

ちなみに
西川きよしはシーランド公国の伯爵位を持っているらしい。
(9000円くらい支払えば爵位がもらえるらしい)

さて、誰が買うのやら。


シーランド
f0114725_1443675.jpg




CLICK bloglanking
+辻島に惚れたら+
+CLICK HERE。+

[PR]

by tsujiichi | 2007-01-10 14:40 | ニウス

<< iPhoneキマス 海を渡って再犯罪 >>