吉原遊郭 扇屋

tsujiichi.exblog.jp

ブログトップ

バラバラ遺体 どこまで

<茨城切断遺体>首に傷、ひもの跡か 絞殺の可能性 [ 01月12日 15時00分 ] Excite エキサイト : 社会ニュース
 茨城県坂東市矢作の矢作川河川敷で黒色のポリ袋に入った男性の上半身が見つかった死体遺棄事件で、男性の首に傷が付いていたことが12日分かった。ひも状のもので首を絞められた可能性があり、県警は同日、司法解剖をして死因を調べるとともに、男性の身元の確認を急ぐ。

 調べでは、傷はわずかなもので、捜査関係者は「手ではなく、ひもなどで首を絞めた跡とも考えられる」としている。また、遺体は鋭利な刃物やのこぎりのようなもので切断されたとみられ、体の右側を地面につけた状態でポリ袋に入っていた。現場周辺からは他にも二つのポリ袋が見つかっているが、遺体が入った袋より以前に捨てられたとみられ、事件との関連性は薄いとみている。

 県警は同日午前から現場検証を再開、遺体の下半身や遺留品を捜索している。【三木幸治】


いつ何時でも病院に行くのは厭なもんです。
熱持ってきた。
パンデル効け
辻島です。
今日も今日でまた冷たい青が垂れ流し。

坂東市でまた。
一度あると流行るんですか。
殺害や遺棄の方法を間違って覚えるのは
やめて欲しいもんです。
ニュースで見て直ぐ捕まっているということは
まったく念頭になしですか。
いつやったかもなんで切断したかも分からんけど。

こういった殺害方法が残虐っていう事件を見ると
以前は堅気な匂いがしなかった気がしますが
つい洗脳されて、家庭崩壊なんていう言葉も
脳みそが勝手に箪笥から引き出してきます。

そんな事件が多くなってきたからといって
それが普遍になってしまいそうな恐怖が立ち込めるんですが。

んー坂東市。


CLICK bloglanking
+辻島に惚れたら+
+CLICK HERE。+

[PR]

by tsujiichi | 2007-01-12 16:19 | ニウス

<< ネパールとペルーの違い 人畜共通感染症 ブルセラ症 >>