吉原遊郭 扇屋

tsujiichi.exblog.jp

ブログトップ

炎上しないらしいブログ VOX

炎上しないWeb3.0 次世代メディア「Vox」に注目 イザ!
 一般の利用者が気軽に情報発信できるブログが日本で始まって約3年。開設数は868万サイトを超える大きなメディアに成長したが、それを追い越す勢いなのが、知人との交流を目的とするSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で、“世代交代”がささやかれる。そんな中、情報発信と交流が可能な次世代ブログ「Vox(ヴォックス)」が新たに登場、今年は「次の主流メディアの1つとなる」と注目されている。いずれSNSから利用者を奪う利用者育成型の新メディアに成長するかもしれない。(谷口正晃)

 ■ブログとSNSの“ええとこ取り”

 「誰もが情報発信の担い手になれる」。インターネットの世界で個人にとって使い勝手のよい機能を提供したブログは、参加型を特徴とする「Web(ウェブ)2・0」という新しい潮流の中心となった。だが、ブログは不特定多数への情報発信となるため、心ない反応が返ってきたり、非難が集中して“炎上”の状態を招くなど、気軽に楽しめない部分があった。
 これに対し、知り合いの紹介がないと会員になれない会員制のSNSが、ブログの“弱点”を補完するメディアとして急速に利用者を伸ばしてきた。会員以外の閲覧者から日記、名前、性別などの個人情報が見られないようにできる機能が、安心感を与えたためだ。
 しかし、SNSも会員数が膨らむと「知り合いの知り合い」と不特定多数の閲覧に近くなり、情報漏洩(ろうえい)が相次いだりと、安心感が揺らぎつつある。
 こうした状況に対応し、引用先をさかのぼって調べられるトラックバック機能を付けるなど、ブログの標準ともいえる製品を生み出した米シックス・アパート(カリフォルニア州)社は昨年、ブログとSNSの利点を併せ持つVoxを開発した。

 Voxは、文章、写真、動画などコンテンツごとに、友人や全員などと公開する範囲を設定できる点が最大の特徴。コメントの受付も制御可能にするなど不特定多数への情報発信によるストレスを緩和した。
 例えば、結婚式の2次会の写真や記事をブログに書き込んだ場合、閲覧できるのは家族と友人だけにすることが可能だ。
 また、写真共有サイトのFlickr(フリッカー)、動画サイトYouTube(ユーチューブ)、電子商取引のAmazon(アマゾン)などとの連携も特徴だ。これまで自分で撮影した写真のみを使っていた利用者は、フリッカー上にあるすべての写真やユーチューブ上の動画を、自分のブログ上で手軽に活用できるようになる。
 Voxが狙うのはネットの中級~初心者で、開拓の余地がある層だ。携帯電話からの利用も可能で、簡略な操作性を追求している。収入源もネット広告に加え、口コミ広告や企業の協賛も狙い、ブログサービスのみで収益を上げる方針。2月にはライブドアも同様のブログサービス開始を予定しており、利用者育成型メディアは進化の段階を迎える。
なんか見たことあるな
と思ったら
以前、GIGAZINEさんで見たんだ。

まぁ、試しに使ってみた。
http://ougiya.vox.com/

ちょっとしか弄ってないが
コメント規制の範囲が結構細かいとか
検索結果に表示させないとか
昨日見たような気がするんだけど
人を不快にする恐れがある的マークが
つけられるようなものもあった気がする。(何コノ不確か)

写真もフリッカーとか他写真うpサイト連携できるみたいです。
フリッカーから表示させる写真をチョイスするよう。

こまごま弄ってないが
まぁ、書きやすいといえば書きやすいし
中級初級向けっぽく出来ている。
ご近所さんがいないからその辺の絡みは分からない・・・・(貧
ここのメモ帳的存在やデザインの編集はできないぽ・・い・・・??
(ぎ、ぎがじんさんへいくんだ!)




CLICK bloglanking
+辻島に惚れたら+
+CLICK HERE。+

[PR]

by tsujiichi | 2007-01-12 17:23 | ニウス

<< 2ちゃんねる 強制停止 えええ ネパールとペルーの違い >>