吉原遊郭 扇屋

tsujiichi.exblog.jp

ブログトップ

<   2006年 12月 ( 71 )   > この月の画像一覧

ア、オレオレ、辻島でs・・・あ・・・

他人事じゃない! オレオレ詐欺 | Excite エキサイト

先日、歌手の森山良子に「オレオレ直太朗詐欺」があったというニュースが流れた。あの直太朗を名乗るだなんて相当だな、とか変に感心してみたりしながら、実は、うちにもオレオレ詐欺があったことを思い出してしまった。

もう2年くらい前のこと。午前中、母親がとったその電話にかけてきたのは、姉を名乗る人物。「○○だけど、事故っちゃって……」と、しゃくりあげるように泣きながらしゃべり、男か女かわかりにくかったらしい。しかし、姉はとっくに勤務中のはず。さらに、母親は明らかに姉とは違う声だとわかったらしく(というか男だったと断言)、相手が何かを要求する前に「ばかじゃないの!」と一言でガチャン。

そばで聞いていた私は、最初、様子がおかしいなと思っていたのだが、その一言に驚いた。「何があったの、大丈夫?」 話を聞いてみれば、まるでオレオレじゃないか。しかし、名前までちゃんと名乗ってくるとは、どこかで名簿でも手にいれたのだろうか。

念のため、姉の会社まで電話をしてみると、何も知らないで働いていた姉は「は? 何のこと?」と、まったくもって平和であった。


ア、オレ、オレダケド
取り敢えず事故ったってんなら振り込むとかそんなの前に
現場行く。
辻島です。
詐欺・・・・・
ミミイタタタタ

以前こんな話を目にした。

ある日電話を取ると
「僕、A君のご家族ですか?A君の友達でBというんですが、
A君が事故にあって大変なことになっているんです!!」
事故の詳細を電話口で話され
今すぐに何十万の金がいると言う話をされた。
大変なことになった。
俺はその話を聞き呆然となった。
”俺は事故にあったのか・・・・もしや死んだのか?”

限りなくネタでありふれているが
つい、笑ってしまった。
こういうことが現実に起こるか、と言うことはさておき。

人の良心を利用する行為には
虫酸が走るな。
愛する気持ちってそんな風に扱えるもんか。
なんにせよ金になれば良いのかね。
なんでも平気なんだな。
辞書から「罪悪感」という言葉は消えたらしい。

今のところ、まわりに被害にあった人はいないが、とにかく、いろんな手口が増えてますます巧妙になるオレオレ詐欺。それでも、大阪では被害が少ないというのをニュースで見たことがある。なんでも「うちにオレなんて息子はおらんで」とか「そんな大金、電話一本で払えますかいな」とか、まずは突っ込み、という精神がここでも活かされているようだ。他に「本人に払わせといて」というのもあるらしい。……ごもっとも。
今年1月~8月までの都内の「振り込め詐欺」の被害件数は、1,863件で、そのうちなんと「オレオレ詐欺」は1,306件もあったとか。自分は大丈夫、と思っていても、もうオレオレ詐欺は他人事じゃない。実際にかかってくるとビビってしまうかもしれないが、怪しいと感じたら、みなさんも大阪人の精神で、まずは突っ込んでみることをおすすめします。


突っ込みも良いかもしれませんが
ボケるのも良いみたいです。
辻島の友人の一人が
良くかかってくるしつこいリフォームの営業に
「壁や柱を直さないと家が崩れてしまいますよ」
といわれ
「うちに壁は無いです」
といったり、
「こないだ外から拝見させていただいたんですが
屋根がもうダメですよ」
といわれ
「藁葺きはもう流行らないですか?」
等と言っていたら
電話がかかってこなくなったそうだ。

本人曰く、
「あたしが言ったことより、うちの母さんが
”こんなボロに住んでてホント悲惨なのよ”
って愚痴から日々のストレスをぶつけてたのが効いたのよ」

馬鹿とはさみと迷惑電話は使いようなのか。

CLICK bloglanking
+辻島に惚れたら+
+CLICK HERE。+

[PR]

by tsujiichi | 2006-12-01 11:39 | ニウス