吉原遊郭 扇屋

tsujiichi.exblog.jp

ブログトップ

<   2007年 01月 ( 42 )   > この月の画像一覧

今更紅白なこと。

リアルな「裸の衣装」 OZMAに紅白大賞を! [ 01月01日 23時07分 ] Excite エキサイト : 社会ニュース

第57回NHK紅白歌合戦は、総合司会の三宅民夫アナのナレーションに導かれてスタート。会場である渋谷NHKホールの照明がアップされると、司会の中居正広と仲間由紀恵が壇上に降臨した。

このコンビ、独特のしっとり・すべすべ感の仲間に、中居のテキトーさがうまくミックスされ、本人たちが言うように「悪くない」んじゃないだろうか!? 中居はちょっとした毒もあり、NHKの”ベタな臭い”に反応して中和していた。さすがにマルチタレントだが、この如才なさが歌唱の際にはまったく発揮されないのは一体どーしてのか、とても不思議である。

後半最大の見せ場「ショーパブOZMA」
期待の後半戦。紅白のプロデューサーが「最大の見せ場」と豪語しただけのことはあった。小林幸子はともかく、DJ OZMAの「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」がやってくれた。第二のスーパーボール事件をひき起こしてくれたのだ。

この日の「ショーパブOZMA」を成功させるため、OZMAとNHK(プロデューサー?)は二重三重の伏線を張っていたようだ。まず、「脱ぎ脱ぎ宣言」をしておき、29日のリハーサルでは、北島三郎が「もし開チンしたら張り倒す」と”煽り”を入れる。

1回目の「イリュージョン」もまた伏線。OZMAの代わりにダンサー集団が”裸の衣装”に変身した。これは文字通りの”衣装”だったのだが、OZMAも反省していたように「ちょっとリアルすぎた」せいでブツギを醸す。

そして、ついに曲もクライマックス、2回目のイリュージョン。「あ? また同じ手かよ。どうせ全部出すわけないし、今度は観客席にでも出てくるのか」と筆者をはじめ、多くの視聴者が冷めていたことだろう。北島が登場し、「2007年もアゲ♂アゲ♂で行きましょう!」と和解宣言するとは不覚にも予想できなった。

北島登場の演出はOZMAが思いつき、29日のリハーサル後、本人に直接依頼したのだという。ホントかなあ? だったら、たいしたもんだ、と思う。今後はイリュージョニストに転身することも考えてみるべきだろう。


OZMAって誰よ
知らないわよ。
と、結局見なかった紅白。
辻島です。
こんなことがあったんですね。

現実逃避しすぎて
ようつべばかりの日々でしたので
もう、世で何が起こっているか
さっぱりでした。
ちょいちょいみたけどさ。
OZMAってひと?

と、思ったら綾小路かよ。
なんだかキャラ的に出す決断した方が
あかんような気もするが。

ジャネットジャクソンが引き合いに出される程って
そんなスゴカタデスカ。
ミテナイデスヨ。
でも、国家レベルですよ。

そんなことより
この、コレ、この記事デスよ。

中居はちょっとした毒もあり、NHKの”ベタな臭い”に反応して中和していた。さすがにマルチタレントだが、この如才なさが歌唱の際にはまったく発揮されないのは一体どーしてのか、とても不思議である。
許して遣っておくんなまし。
tu-ka、寧ろ上手くなってきてるから凄いじゃないか。
・・・・以前が凄(酷?)かっただけか・・・?

まぁ、他で才を発揮しているんだから、お願い。
って、別にファンじゃねーが。

取り敢えず、NHKも必死だから許して。
多分そう、きっとそう。


“裸紅白”NHK会長頭サゲサゲ [ 01月05日 06時11分 ]
 昨年大みそかに放送されたNHK紅白歌合戦の“裸ダンサー”で物議を醸しているDJ OZMA(年齢未公表)の演出について、同局の橋本元一会長が4日、職員向けの年頭あいさつで異例の謝罪を行った。

 橋本会長は年明け恒例の職員に向けた年頭あいさつで、紅白の演出について言及。「私は“家族団らん”をもっと大切にしたいと考えています。そうした意味で昨年の紅白歌合戦では、一部に残念なパフォーマンスがあり“これがNHKの品格か”と厳しい意見をいただいた」と苦言。

 その上で、「お子さんと一緒にテレビをご覧になっていたりして、不快な思いをされた視聴者の方々には本当に申し訳なく思っています」と異例の謝罪の言葉を述べた。

 これまでの会長の年頭あいさつでは、紅白に言及するのは視聴率に関するものが多かった。橋本会長も昨年、「40%の大台を回復した。前年を上回ったのは7年ぶりということで、素直にうれしく思っている」と視聴率アップを喜んだ。


サゲサゲ・・・・
1クールのレギュラーより一回の伝説デスよ。
なんて、そうは行かない。

視聴率稼ぎも必死だったろうから
なんかイメージ悪いのはおいておくという・・・・

この騒ぎも紅白の視聴率アゲアゲに貢献しちゃうんだろうかしらん。
取り敢えず目立ってることは確かだ。
いろんな意味で。


CLICK bloglanking
+辻島に惚れたら+
+CLICK HERE。+

[PR]

by tsujiichi | 2007-01-05 10:32 | ニウス

明けましておめでとう御座います。

今年もよろしくお願いいたしんす。

昨年、もう吐きまくってそのまま休みに入ってしまった痕跡が。
虚しい。

休みというか現実逃避というか。
自分の世界では世界一周
というか、吉本興業でした。

色々気がめいるので
申し訳ないと思いつつも
笑いの世界にどっぷり何しているんだというところです。

今更、という感じだが
「麒麟」と「笑い飯」ですよ。
麒麟ってほうは、川島なるひとがネタ作っているみたいだが
細々した所が何かおかしい。
”てるくはのる”だの”裁判に勝つ方法”だの
何ぼそぼそ言っているか。
参った。遣られた。
笑い飯も、Wボケで有名?だが
”浅間山荘と間違えられて鉄球”とか
キタコレ。

二組ともよか。

麒麟といえば、あれだ。
伝説の生物。
wikiの文ってのは偶に面白い。

麒麟:wikipedia
形は鹿に似て大きく背丈は5mあり、牛の尾と馬の蹄をもち、雄は頭に角をもつとも言われる。背毛は五色に彩られ、毛は黄色い。頭に肉に包まれた角があり、本来は1本角である。

と、言う割には写真は
f0114725_9311235.jpg

これ。
形は鹿に似て。
WIKIで笑える俺、幸せ者。

つか、鳳凰も凄い。
鳳凰:wikipedia
孔雀に似ているが、背丈が四〜五尺はあり、その容姿は前は麟、後は鹿、頸は蛇、背は亀、頷は燕、嘴は鶏だとされる。

麟+鹿+蛇+亀+鶏=孔雀
という図がどうもできにくい。

ま、こういうことばかり考えて休みを過ごしたわけですよ。
何処も行ってません、引きこもりです。
外界は怖いです。

さて、今年一年、皆様がどうか幸せに過ごせますように。
とか言いながら
もう、TV見れば事件ばかりですね。

余り泣きたくないです。
[PR]

by tsujiichi | 2007-01-05 09:37 | 戯言