吉原遊郭 扇屋

tsujiichi.exblog.jp

ブログトップ

タグ:ホリエモン ( 3 ) タグの人気記事

Wiiダイエットなホリエモン

ホリエモン 「激ヤセ」から 「ブクブク太り」に逆戻り [ 01月09日 19時03分 ] Excite エキサイト : 社会ニュース

サイバーエージェント藤田晋社長のブログ「渋谷ではたらく社長のアメブロ」にホリエモンが「友人」として写真付きで登場し、2人が任天堂「Wii」のボクシングゲームで「殴りあい」をした様子が掲載されている。
2007年1月8日にアップしたもので、タイトルは「友人と殴りあいました・・・ 」。
「ふたりとも息があがるまで・・必死になって・・任天堂wiiスポーツのボクシングで。Wii、面白いです」
という書き出しで始まり、藤田社長とホリエモンがテレビ画面に向かい、リモコンを振り回している姿の写真が一緒に掲載されている。
Tシャツを着たお腹は出っ張っていた
06年4月27日に保釈された時には激ヤセぶりで話題になったが、ここの写真で見る限り、Tシャツを着たお腹は出っ張っていて、逮捕前の体型にもどっていることがわかる。その体型のせいなのか、ホリエモンは真剣にボクシングゲームを楽しんでいるものの、藤田社長との「殴り合い」に敗北したようだ。
このブログに対する2ちゃんねるやブログなどネット上の反応を見ると「太った」というカキコミが多く目に付く。
「wiiでも堀江は痩せないのか」「何をしたらそんなにガチムチブクブク太ることができるんですか?」「ふくよかリモコンに見えた」。
また、元気なホリエモンを見て喜んでいる「ファン」もいた。

「去年は色々ありましたが、堀江さんが元気そうで何よりです。またいつか活躍して貰いたいですね」


48~58キロの間を
一年で移動しまくり
毎度のことですが、冬眠できるんじゃないかと思ったり。
毎度です。
Wii欲しい。

拘置所ダイエットのお陰で
大分すっきりスマート
いい男になったかと思ったら
逆戻り、というか
何か前よりきてるんじゃないか・・・
気のせいか。

渋谷ではたらく社長のアメブロ 藤田晋さん
見たけど、さほどはっきり写っている訳ではないが。
以前から、肥えてきたなと思ってたが
まぁ、残念で。

きっと普通に生活してれば
ここまでたっぷりな人ではないんじゃなかろうか。
体に障りますよ、堀江さん。

CLICK bloglanking
+辻島に惚れたら+
+CLICK HERE。+

[PR]

by tsujiichi | 2007-01-10 09:49 | ニウス

ホリエモンと共産主義

日本は「共産主義社会」 堀江被告が英紙と会見 [ 12月15日 12時45分 ] Excite エキサイト : 国際ニュース

 【ロンドン15日共同】15日付の英紙フィナンシャル・タイムズは、証券取引法違反罪に問われているライブドア前社長の堀江貴文被告が同紙のインタビューに応じ、表面的には平等な社会に見える日本が実際はエリート官僚が支配する「共産主義的な社会」と主張し、自分は無実の犠牲者だと述べたなどと報じた。
 同紙によると、堀江被告が今年1月の逮捕後、外国メディアの取材に応じたのは初めて。堀江被告は日本の年功序列モデルと対極にある自分の生き方が、東大法学部を卒業して一歩一歩出世の階段を上っていく「嫉妬(しっと)深い」官僚の恨みを買って、訴追されたとの見方を示した。
 また日本社会について、エリート官僚が「何が正しく、何が重要かを決定する」共産主義国家と同じ過ちを犯していると痛烈に批判した。


なーんかうまく体に血が巡ってない
おぼっぼっぼおぼ
辻島です。
ハライテエ。カネジャネー。

「嫉妬(しっと)深い」官僚

つい共感。

しかし、もはやホリエモンがどんな素敵なことを言おうとも
全てが言い訳に聞こえてしまう。
要するに君ホリエモンの遣り方じゃ日本を変えることはできなかったってことで
そこは手を変え品を変えしたら良いかと。
日本変えたいなら。

宇宙旅行に期待していたのに(ソコカヨ

アア、ウン、ソレダケ。
[PR]

by tsujiichi | 2006-12-15 17:10 | ニウス

馬鹿って楽そうだねホリエモン

ホリエモン、タメ口でブチ切れ…検察と低次元の言い争い 
ライブドア(LD)事件で証券取引法違反罪に問われた前社長・堀江貴文被告(34)の第24回公判が21日、東京地裁で開かれたが、堀江被告と検察官が、被告人質問中に激しく言い争うなど、前回公判に続き、大荒れの展開となった。

 堀江被告がブチギレた。序盤こそしおらしかったホリエモンに火を付けたのは、LDの元幹部とのメールのやりとりをめぐる検察側の被告人質問だった。

 検察側が、元幹部のメールを提示せずに読み上げたため、「メールのやりとりを、すべて出してもらわないと誤解を招く表現がある」などと反発。それを受け、検察側がメールの一部分を読み上げると、今度は「その部分だけ、あげつらって言うのは、どうかと思いますよ。読み上げるなら、メールを提示すりゃあ、いいじゃないですか!」と語気を強めた。

 さらには、メールの内容を早口でまくしたてた上で「そこまで、ちゃんと示してよ」と禁断の“タメ口”要求。これには検察側も「覚えてるじゃないか!」と激怒し、両者とも一気にヒートアップ。「ここはあなたの要求を受け入れる場ではない」(検察側)、「論理が破たんしている。もう、いいや」(堀江被告)などとやり合った。

 その後も、弁護人も交え「読み上げてるじゃないか」「あなたが読み上げろって言ったんでしょ!」などと小学生レベルの次元の低い言い争いを展開。小坂敏幸裁判長があきれた様子で制止し、事態はようやく収拾した。


世の中こんなに平和だったっけ。
秋の空気の冷たいことを
一瞬忘れたかもしれん。
辻島です。
スイマーきたー。

ホリエモンはもっと切れる奴なんだと思っていたが
切れた奴に思えてきた。
ただ単に、宇宙旅行に期待していただけという話だが。

揚げ足揚げ足って
お前の贅肉だらけの足はいらん。
単に君がまともに答え無そうだから
検察もそうなっているだけだとおもうが。

文章だけでもホリエモンの台詞に
いらいらする予感。

CLICK bloglanking
+辻島に惚れたら+
+CLICK HERE。+

[PR]

by tsujiichi | 2006-11-22 10:40 | ニウス